おすすめ敏感肌用化粧品ランキング
敏感肌ニキビにサリチル酸がおすすめでない理由
おすすめ敏感肌用化粧品ランキング > 敏感肌のニキビ対策 > 敏感肌ニキビにサリチル酸がおすすめでない理由

敏感肌ニキビにサリチル酸がおすすめでない理由

(公開: 2017年03月08日)

サリチル酸と言えばニキビ化粧品の定番成分でもあり、人気のニキビ化粧品の商品説明を見るとサリチル酸について記載されていることが多いです。元々は医薬品にも使われており、殺菌防腐作用や角質溶解作用があるため、肌表面にある雑菌を除去し、角質を溶かすことで毛穴詰まりを防ぐことができ、ニキビを予防してくれるというメカニズムです。

さらに、角質が溶けることでニキビ有効成分が肌に浸透しやすくなり、より高いニキビケア効果を得ることができるそうです。

しかし、これはあくまでも普通肌の人が使った場合。敏感肌の人が使うと肌トラブルの原因にもなりますので、サリチル酸入りのニキビ化粧品はおすすめできません。

サリチル酸はピーリング並みに肌への刺激が強い

上記の説明でも少し入っていますが『角質を溶かす』という効果がサリチル酸にはあります。そのため肌への刺激がとても強く、普通のニキビ化粧品よりも肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すれば敏感肌は悪化しますし、ヒリヒリや赤みもでてきます。

有名なメーカーだとプロアクティブがサリチル酸入りのニキビ化粧品ですが、プロアクティブの口コミを見てみると「逆にニキビが悪化した」「肌がヒリヒリする」という意見が多く見れます。これはサリチル酸による刺激が原因。

サリチル酸のメリットだけを見ると非常に優秀な成分に見えるのですが、反対に大きなデメリットもありますので、特に敏感肌の場合は注意しておきましょう。

サリチル酸よりもマイルドピーリングがおすすめ

肌に刺激を与えるタイプのニキビ化粧品は敏感肌の人にはあまりおすすめできないのですが、サリチル酸やピーリングのニキビケア効果が魅力的なのは確かです。いろいろなニキビ化粧品を使って治らなかった人が、サリチル酸・ピーリング系の化粧品を使ったら治ったというケースはたくさんありますし、皮膚科や美容外科でニキビ治療と言えばピーリングが定番ですからね。

もし、敏感肌が利用する場合はマイルドピーリングがおすすめ。ピーリング成分の配合量を減らして肌への負担を軽くした化粧品をマイルドピーリング化粧品というのですが、これなら敏感肌の人でも肌荒れを起こすことなく使えることもあり、より短期間でニキビが治るケースもあります。

「毎日使わない」「ピーリング後はしっかりと保湿する」といった注意点はありますが、もしいろいろなニキビケアをやって治らなかったのなら、一度チャレンジしてみる価値はありますよ。

敏感肌のニキビケア使えるピーリング化粧品とピーリング石鹸
『敏感肌のニキビを治すのにピーリングを使ってはダメ』と言われることもありますが、必ずしもそうではありません。敏感肌と言っても個人差がありますし、たしかに皮膚...