おすすめ敏感肌用化粧品ランキング
敏感肌でも使える!ルナメアACの成分や効果を解説

敏感肌でも使える!ルナメアACの成分や効果を解説

(公開: 2017年02月21日)

ルナメアACはニキビケア化粧品の中でもトップの人気を誇る基礎化粧品。独自ナノ技術によって潤い成分とニキビ有効成分をしっかりとニキビの元に届けてくれるので、7日間のお試しセットだけでも「ニキビが治った!」という口コミが多くみられるほど。

また、通常のニキビケア化粧品はサリチル酸(殺菌成分)が含まれているため、敏感肌の人が使うと赤みやかゆみが出やすいのですが、ルナメアACではサリチル酸ではなく植物由来の成分を中心に使っているため、肌への負担も少なく、敏感肌でも安心して使えるようになっています。香料や合成着色料なども使っていません。

ルナメアACの成分と効果

ファイバーフォーム(洗顔料)

ファイバーフォームの詳細
肌への刺激が少ないことが特徴の洗顔料。食物繊維を含んだ泡が毛穴につまった汚れを取り除き、ニキビの原因となる『毛穴づまり』を解消してくれます。普通のニキビ洗顔料はサリチル酸を含んでいますが、ファイバーフォームはサリチル酸をはじめとする殺菌成分は一切含んでいません。そのため、敏感肌でも安心して使うことができます。

ニキビケアの基本は洗顔ですが、意外と洗顔料の成分が悪く、敏感肌やニキビが悪化している方も多いですので、「ニキビが治った後もファイバーフォームだけは愛用している」という方も意外と多いですよ。

スキンコンディショナー(化粧水)

スキンコンディショナーの詳細
潤い成分(天然ビタミンEなど)とニキビ有効成分(グリチルレチン酸ステアリルなど)を独自のナノ化技術によって小さくまとめた『アクネシューター』という成分が含まれているのが特徴。グリチルレチン酸ステアリルは抗炎症作用があり、抗炎症薬にも使われている成分ですので、ニキビによる赤みをケアしてくれます。

ニキビができた後に「赤みだけが残って消えない…」ということもあるかと思いますが、これはニキビによる炎症ですので、抗炎症成分を含んでいる化粧水を使うのはニキビケアのポイントとなります。ニキビの赤身は放っておくと色素沈着を起こして茶色いニキビ跡になったり、アザのような紫色のニキビ跡になることもありますので、早い段階からケアしておきましょう。

ジェルクリーム(保湿クリーム)

ジェルクリームの詳細
セイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギ抽出液、ビルベリー葉エキス、アーティチョークエキスなどの自然由来の成分を含んでおり、肌に優しい保湿クリームとなっています。使用感はベタつきもなく、サラッとした使い心地です。


全ての基礎化粧品がノンコメドジェニックテスト済

ノンコメドジェニックテストとは、ニキビができやすい成分が含まれていないことを証明するテストのこと。ルナメアACの基礎化粧品は全てノンコメドジェニックテストを済ませています。もちろん、医薬品ではないためルナメアACを使えば必ずニキビが治るというわけではないのですが、ノンコメドジェニックテストという厳しい試験に合格しているというのは期待ができます。

初回7日間のお試しセットも用意されていますので、「敏感肌に反応しないか?」や「ニキビに効いているか?」などをチェックしてみましょう。